Train of Thought

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミニチュアで野菜の続き

粘土が中途半端に余ることが多々あります。
しかも、2年前のが平然とあったりします。

ラップに包んでジッパーつきの袋に入れ、タッパーに入れてるので
固まるという危機だけは免れていますが、
それでも限界だろうという域に達しつつありました。

そんな粘土たちを消費すべく、頑張って作っております


今日は↓の4種。
ミニチュアクレイクラフトで習ったものです。
ピーマン,バナナ,じゃがいも,レモン
色塗り,ニス塗り前。
レモンの色が少し濃すぎたかも;

スポンサーサイト

PageTop

最初の

ただいまお弁当屋さんの出品準備にかかっております。
もうちょっと時間かかっちゃいます

その合間に、ミニチュアクレイクラフトという教室で習っていた
最初の作品をちょこっと作ったりしていました。

人参,ナスビ

作りながら習っていた当時のことを懐かしんだりして、
一人楽しんでいました

PageTop

カントリードール

ミニチュアクレイクラフトの基礎科を無事卒業したのが
去年の大晦日直前でした。
カントリードールは基礎科を卒業した後に教えてもらったものです。

カントリードール

パッチワークのエプロンと、女の子のカバンにぶら下がっている
がま口がお気に入りです

PageTop

ご紹介:ドールハウス

あんなに「今年はマメになる!」と決めてたのに・・・。
早くもノロノロになりつつあります。
だってぇ、寒いんだもん(←言い訳になっとらん)

今、お花を色々作っているのですがまだ写真に撮ってないので
今日はミニチュアクレイクラフトの教室に通っていた頃の卒業作品をご紹介します。

最後の課題はタイトルにもありますようにドールハウスです。

ドールハウス
え!?と思うかもしれませんが、この中の物はほとんどが粘土で出来てます。
ハウスのボックスと鏡と丸い枠は粘土ではありません。

クッション(粘土製)
粘土でクッションの質感を出すのに苦労しました。
形の微調整は結局先生にしてもらいました(゜▽゜;)ゞ
乗せている椅子ももちろん粘土。

クマ(粘土製)
クマさんは玩具箱のを含めるといくつも作りました。
その中でも一番マシなのがこのクマさんです。
もたれかかっているカゴも、中の生地も粘土製。
驚くなかれ、敷いているじゅうたんも粘土ですよ。
まさに乾燥との戦いでもありました・・・。

ウサギと裁ちばさみ(粘土製)
しつこく言っているのでお分かりかと思いますが、
(針山の針以外)写真に写っている小物全て粘土です。

教室に通っている間は、本当に驚きの連続でした。
粘土の奥深さに感動でしたね。
こういう使い方があるんだぁとか。

そして何より、最後まで支えてくださった先生がいたことが
ここまでたどり着けた一番の理由でした。
独学も教室へ通うこともどちらも経験できて良かったと
私自身思うところです。

PageTop

ご紹介:お花の額

ミニチュアクレイクラフト作品、7作目はお花の額です。

花の額
バラ、アンスリウムとシダ、百合、向日葵、デイジーのリース、
スミレ、カラー、チューリップ、水仙。
とても豪華な額になりました。

もうすこしアップで。
1

2

3

4

どれも地道な作業が続いたので、正直私に完成させることが
出来るんだろうかと心配しましたが
先生のおかげで無事完成させることができました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。